低下価格で魅力的な収益物件を見つけ出そう!

夫婦

安定の不動産投資

積み木とお金

家賃が確実に手元に入る

サブリースをするときにまず考えておかなければならないのが、家賃の収入額です。もし家賃収入だけで生計を立てたいと考えていたら、自分で賃貸経営をしたほうがそのままの額の家賃収入を得られます。サブリースの場合、家賃は入居者が支払う額よりも低い金額になります。そのままの金額が懐に入るわけではありません。その代わり家賃保証がついています。これはたとえ部屋がすべて貸し出されていなくても、賃料をもらうことができる魅力的な保証です。投資をしたら必ずリターンが得られるので損を回避できます。自分で収益物件を見定める目を持ち、入居者を募集できるだけの力があるのであればサブリースを利用する必要はありませんが、そうではない人はこの方法が適しています。新築が対象の場合が多いので、新しいサブリース用の物件が出たらすぐに問い合わせてください。

よけいなお金はかからない

サブリースは空き室の家賃保証もですが、家賃を滞納されたときも家賃保証の対象となります。入居者ともめることなく家賃収入を確実に手に入れられます。これが最大の魅力です。契約期間は2年程度の短期もあれば30年組めるケースもあります。建物の状態に応じて契約期間が決まります。契約関係や入居後の管理は一切必要ありません。サブリース会社がすべてやってくれます。手続きや手配は不要です。面倒な大家業しなくて済みます。入居者のクレーム処理にあたる必要もないので悠々自適に大家生活を送ることができます。管理業務を行ううえで発生する費用も払う必要はないので、契約で得ることのできる家賃収入がそのまま自分の懐に入ります。不動産収入の確定申告も単純なので簡単にできます。そのため税理士への相談費用も必要ありません。

Copyright © 2017 低下価格で魅力的な収益物件を見つけ出そう! All Rights Reserved.